いびき・歯ぎしり・睡眠時無呼吸症でお悩みの方へ(睡眠歯科)

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

いびきや歯ぎしり・睡眠時無呼吸症の治療も行っています~Sleep healthcare~

新宿・代々木の片平歯科クリニックでは、いびきや睡眠時無呼吸症でお悩みの方のために、専門医による睡眠歯科外来を受け付けております。

  • いびきや睡眠時無呼吸症の有無をチェックしたい方へ
  • いびきや睡眠時無呼吸症でお悩みの方へ
  • 現在の睡眠の状態をチェックしたい方へ

受診にあたってのお願い

当院は完全予約制です。受診をご希望の方は、受診前に必ず下記の項目をご確認ください。

初診の方

定期検診の方

いびきや睡眠時無呼吸症の有無をチェックしたい方へ

睡眠を取る人

睡眠時無呼吸症の国内患者が200万人近くに上るといわれ、居眠り運転による運転事故や高血圧・脳卒中・糖尿病などの合併症を招くこともあるとされています。

睡眠時無呼吸症は、日中に急激な睡魔を引き起こすことがあります。2003年には山陽新幹線岡山駅で居眠り運転事故が発生しました。この運転手は睡眠時無呼吸症で数年前から熟眠できず、昼間の激しい眠気に悩んでいたことが判明し、この事故をきっかけに睡眠時無呼吸症は社会でも注目されるようになりました。その後、2004年に睡眠時無呼吸症に対するマウスピース治療が保険適用となりました。

自分がいびきや無呼吸症かな?と心配に思われた方は以下のチェックシートで確認してみてください。当てはまる数が多いほど、睡眠時無呼吸症の可能性が高いものと思われます。

セルフチェックシート

いびきや歯ぎしりでお悩みの方へ

いびき・歯ぎしりで悩む人

睡眠クリニックなどの医科の医療機関で軽度から中等度の睡眠時無呼吸症と診断された場合、治療が必要です。睡眠時無呼吸症にかかると、日中の眠気から居眠り運転事故を起こし、労働災害にもつながる危険性があります。さらには、高血圧、心臓病、脳卒中、糖尿病などの合併症を引き起こすリスクも高まりますので、放置せずに早めの治療をご検討ください。

治療法について

マウスピース治療 下顎が前方に突き出るよう促す形態のマウスピースを装着することにより気道(呼吸する時の空気の通り道)を拡張。睡眠中のスムーズな呼吸をサポートし、いびきや無呼吸を軽減します。当院では、まずセファログラムという顎顔面のレントゲン写真を撮影し、骨格や舌、気道の形態などを細かく分析し、個々の患者さんにもっとも適したマウスピースを作製します。

マウスピース(汎用タイプ)

汎用タイプ
(保険適応)

  • 硬質プラスチック樹脂

マウスピース(ハーベストタイプ)

ハーベストタイプ
¥100,000‐(税別)

  • 高品質プラスチック樹脂
  • 下顎前方調節と開閉口可

ソムノデントMAS

マウスピース(ソムノデントMAS)

¥150,000‐(税別)

  • 30ヶ月の長期的な品質保証
  • 上下が分離しており快適な装着感を得られる

Step1 初診「口腔内・歯の検査・レントゲン撮影」

マウスピース装着の問題は「健康な歯と顎」であるということが必要不可欠です。

ここでは、睡眠に関する問診、口腔内の診査と顎顔面や舌、軟口蓋、気道の状態をチェックするためのレントゲン撮影(パノラマ、セファログラム)や口腔内写真撮影を行います。

Step2 Dr.河野によるカウンセリング

「STEP1」で集めた資料を基に専門医による適性診断を行い、マウスピース適応であれば作製に入ります。

Step3 マウスピース装着

作製したマウスピースを装着します。咬み合わせや装着状態を確認していただき、特に問題がなければ使用を開始していただきます。

Step4 治療効果測定

約1ヶ月後に、歯と顎の反応評価とマウスピース装着状態での睡眠評価のために終夜睡眠検査を行います。引き続き、数ヶ月ごとに定期的なフォローアップを行います。

デジタルパノラマ・セファログラム(頭部X線規格写真)

デジタルパノラマ・セファログラム(頭部X線規格写真)

このデジタルパノラマ・セファログラムで、一口腔全体から顎顔面や舌、軟口蓋、気道の状態などにいたる高精度の分析から病因診断(原因がどこにあるのか)が可能です。

MFT(口腔筋機能訓練法) 睡眠中、仰向けになった時に舌が喉の奥に落ちて気道を塞いでしまうタイプの患者さんは、マウスピースを装着して気道を拡げるだけでは十分な治療効果が期待できません。

舌は本来、上顎に張り付いているものですが、口の周りの筋力が低下すると、口で呼吸する癖がついて舌の位置が下がってきてしまいます。こうした患者さんの場合はマウスピース治療と並行して、口の周りの筋肉を鍛えるトレーニング「MFT」を行い、舌の位置を改善していきます。

MFTでは、口の周りや舌の筋肉をトレーニングすることで舌の位置を改善し、口呼吸から鼻呼吸を促します。これによりマウスピース治療できちんとした効果が得られるようになるのです。また、口の乾燥を予防することによって口腔内の環境が改善されたり、さらには嚥下障害や誤嚥性肺炎の予防にもつながったりという効果が期待できます。

当院スタッフのご紹介