しっかり噛めるようになりたい(インプラント・入れ歯・ブリッジ)

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

自分の歯のように噛める・美しいインプラント

インプラントの図解

数十年前は、交通事故や虫歯・歯周病により歯を失った場合、入れ歯治療を行うのが一般的でした。しかし、現在は新たな治療の選択肢としてインプラントが加わりました。インプラントは、顎の骨に直接人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せて、失われた歯の機能を補う治療です。

当院では3iインプラントを採用しています

新宿・代々木の片平歯科クリニックでは、インプラント表面加工(特許取得)によって、顎の骨との強力な結合力が得られる「3iインプラント」を採用しています。先進諸国で高いシェアを誇るインプラントメーカーです。

3iインプラントの流れ

Step1 カウンセリング・適正検査

カウンセリング・適正検査

まず症状を確認し、お悩みを伺います。インプラント治療の概要やメリット・デメリットをご説明します。
必要に応じて当院の提携医療機関であるJR東京総合病院歯科口腔外科でインプラントの適正検査を行う場合もあります。
Step 2 精密検査・治療計画

精密検査・治療計画

CT撮影・レントゲン撮影をはじめとする精密検査の後、綿密な治療計画を立てます。
CTの検査についてはメディカルスキャニングと提携しております。メディカルスキャニングはこちら
Step 3 一次手術(インプラントの埋入)

一次手術(インプラントの埋入)

局部麻酔を行い、顎の骨にインプラントを埋め込みます。顎の骨の状態がいい場合は、術後に人工歯を装着できる場合があります。
Step 4 治癒期間

治癒期間

インプラントと顎の骨がしっかりと結合し、安定するまで待ちます(3~6ヶ月ほど)。治癒期間中は一時的に仮歯を装着していただきます。
Step 5 二次手術(人工歯の装着)

二次手術(人工歯の装着)

インプラントと顎の骨が完全に結合したらアバットメント(インプラントと人工歯の連結部分)を取り付け、その上に人工歯を装着します。ここでインプラント治療は完了です。
Step 6 メインテナンス

メインテナンス

インプラント治療後は、インプラントを長持ちさせるために定期的に検診を受けていただきます。

インプラントの専門医のご紹介も行っています

難症例と判断した場合や専門医でのインプラント治療をご希望の患者さんには、下記の専門医院をご紹介しています。ご紹介状を作成しますので、ご希望の方はお申し付けください。

ご紹介医院

「菅井歯科口腔インプラントセンター」
菅井歯科口腔インプラントセンターは米国UCLA歯学部インプラントセンターとの提携により、常に新しい医療技術を導入し、世界トップレベルのインプラント治療を行っています。

「JR病院歯科口腔外科」

あなたにぴったりの入れ歯をご提案します

笑顔の老夫婦

数十年前は、交通事故や虫歯・歯周病により歯を失った場合、入れ歯治療を行うのが一般的でした。しかし、現在は新たな治療の選択肢としてインプラントが加わりました。インプラントは、顎の骨に直接人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せて、失われた歯の機能を補う治療です。入れ歯に対して良いイメージを持つ方はそう多くないかもしれませんが、現在では見た目も機能も良好なものが登場しています。当院でも機能性が高く快適に使える入れ歯を扱っていますので、入れ歯に不満や不安をお持ちの方も一度ご相談ください。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属の留め具を使わない入れ歯です。樹脂でできているので歯ぐきにやさしくフィットし、装着時の違和感がほとんどありません。なお、樹脂は歯ぐきに似せた色に調整できるので、目立ちにくい点もメリットです。
金属床義歯との併用も可能です。治療費は金属床義歯に準じます。
100,000円~(税抜き)

金属床義歯

金属床義歯チタン

チタン

金属の留め具を使わない入れ歯です。樹脂でできているので歯ぐきにやさしくフィットし、装着時の違和感がほとんどありません。なお、樹脂は歯ぐきに似せた色に調整できるので見た目である点もメリットです。
350,000円~(税抜き)

金属床義歯ゴールド

ゴールド

床部分にゴールドを使用した入れ歯です。ゴールドは他の金属より重くなっていますが、金属特有の味がなく、味覚が変化しにくくなっています。また硬度が高いため、強靱で破損や変形が少ないのも特長です。
400,000円~(税抜き)

金属床義歯コバルトクロム

コバルトクロム

コバルトクロムを床部分に使用した入れ歯です。長年にわたって使用されてきた入れ歯で実績があります。金属床義歯のなかでは費用がリーズナブルなので、費用を安く抑えたいという方から選ばれています。
200,000円~(税抜き)

保険と自費~入れ歯の違い~

入れ歯は、保険治療で作る物と自費治療で作る物の2つに分けられます。それぞれにメリット・デメリットがあるので、違いを知って自分にぴったりの入れ歯をお選びください。

  保険 自費
メリット
  • ・装着が容易にできる
  • ・作製費用がリーズナブル
  • ・自然な見た目のものがつくれる
  • ・薄く作れるので違和感があまりない
  • ・保険よりも噛み心地を追求しやすい
デメリット
  • ・素材がレジンに限定されている
  • ・素材に制限があり、自由に選べない
  • ・分厚いので違和感を覚えやすい
  • ・金属の留め具が目立つ場合がある
  • ・作製費用が高額
  • ・入れ歯ができるまで時間がかかることがある

ブリッジ

ブリッジ

ブリッジは、入れ歯やインプラントと同じように、失ってしまった歯の機能を回復させる治療法のひとつです。失った部分の両隣の歯を土台にして橋をかけるようにして人工歯を取り付けます。失った歯の本数が多い場合にはあまり適せず、1~2本のときに行われる治療法です。

メリット デメリット
天然歯に近いつけ心地
自分の歯に近い自然なつけ心地なので、違和感が少なく自分の歯に近い感覚で噛むことができます。
 
自然な見た目
見た目が自然なので、目立ったり気になったりしにくい仕上がりです。
健康な歯を削らなければならない
ブリッジを支える両隣の歯を削る必要があるため、健康な歯の寿命が縮まってしまいます。
またブリッジをかぶせることで汚れやすくなるため、虫歯や歯周病を招くことになります。

定期的にお口のメインテナンスをしていきましょう