当院のこだわり

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

片平歯科クリニックの特徴

新宿・代々木の片平歯科クリニックの治療の特徴についてお伝えします。歯科医院の雰囲気が苦手な方、過去に治療を受けて恐い経験をされた方にも安心してお受けいただけるような体制を整えて、ご来院をお待ちしております。

MI治療(痛みを抑えたやさしい治療)

当院の診療コンセプトである、MI(ミニマル・インターベンション)のコンセプトにもとづき、できるだけ歯を削らない虫歯治療やレーザー治療、低周波治療器によるツボ刺激、電動麻酔など、歯や体に負担の少ない「低侵襲治療」を行っています。治療時の痛みが気になる方、治療に対して恐怖感をお持ちの方、また高齢の方などお体に不安がある方も安心して当院へご来院くださいませ。

MI・・・Minimum Interventionの略。必要最小限の処置を行い、治療の負担を抑えた治療のこと。

徹底した衛生管理のもとで行う安心の治療

院内感染防止を徹底し、クリーンで安全な衛生環境を整えています。だ液や歯の削りカスなど肉眼で見えない小さな感染源をブロックし、リスクを抑えた安心の治療をご提供します。

リラクゼーション療法を採り入れた治療

当院では、「全身の状態が口腔に投影される」という東洋伝統医学の考えをもとに、ユニットにツボ刺激用の低周波治療器を設置し、リラクゼーション療法を用いた歯科治療を行っています。

親指と人差し指の付け根にある合谷というツボ顔のツボを低周波で刺激することで患者さんをリラクゼーションへと誘導し、リラックス状態で治療を受けていただくことができます。緊張や不安がほぐれるだけでなく、痛みに対するハードル(痛みの閾値)が上がって痛みを感じにくくなるので、結果として虫歯の処置や抜歯の際に使う麻酔薬の量を減らすこともでき、術後の不快症状の解消にもつながります。

睡眠歯科によるいびき・歯ぎしり・睡眠時無呼吸症の治療

当院の睡眠外来担当医の河野正己教授と院長は、日本睡眠学会認定医です。睡眠歯科の見地を活かし、オーダーメイドのマウスピースや口腔内筋肉トレーニングによるいびきや歯ぎしり・無呼吸症候群の治療を行っていますので、いびきや歯ぎしりをご家族に指摘されている方などは、歯の治療をとあわせてご相談ください。

当院スタッフのご紹介